AGAの発症要因についてはいまだ全容解明はされていないのが現実

AGAの検査も治療も保険適用外ですので、10割負担で購入することになります。

放射線治療による脱毛などの場合は別として、男性型脱毛症の治療は審美歯科や美容整形と同等に扱われていて、外見の向上が目的であるので、そこまでは公的な医療保険でカバーしていないのです。

少しでも節約したければ、ジェネリック薬が出ていればそれを利用する、一年に一度、確定申告を行って医療費控除に計上するなど、工夫すればかなり節約できます。

発症の時期も進行具合も違うAGAですが、発症要因についてはいまだ全容解明はされていないのが現実です。

ただ、薄毛の人が血縁にいるとつい気になってしまうので分かる通り、生物学的な遺伝も重要な要素であると考えられ、今のところ否定材料はありません。

それは毛髪が薄くなる原因であるとされているジヒドロテストステロンという物質への反応が遺伝的に違ってくることが分かったからです。

古くなった角質や皮脂が頭皮を覆っている状態では髪が抜けやすくなります。

髪を健やかに保つためには清潔な頭皮が不可欠ですので、病院での治療や投薬と同時に生活の中に頭皮クレンジングのような良い習慣を取り入れ、地肌の健やかさをキープするのが大事です。

地肌のクレンジング専用のシャンプーなどもありますし、婦人用のメイク落としがオイルであるように、肌に負荷をかけずにオイルを使ったスカルプクレンジングを試してみると良いでしょう。

ただ、皮脂を取り過ぎないように注意してください。

精神的なプレッシャーや体調が悪化したときなどは抜け毛がじわじわと、あるいは一気に現れることがあります。

俗に十円ハゲとも呼ばれる円形脱毛症はその要因にストレスがあげられています。

同じようにAGAの症状が発現するのも心身のストレスが要因として挙げられます。

ひどくストレスを受けたりすると、生物学的には自然な反応ですが、それに対応するために体内でホルモンの調整が行われます。

ジヒドロテストステロンというホルモンはAGAの発症要因のひとつですから、何らかのストレスが発症の間接的な要因になっているのは間違いないでしょう。

男性型脱毛症が出現する理由は、男性ホルモンや遺伝的要因でしょう。

睡眠不足や食生活の乱れ、仕事やプライベートのストレスも補助的要因として考えられるでしょう。

しかし発生に至るまでの原理が細かく解明されているものは今のところ、男性ホルモンと還元酵素の影響ぐらいです。

頭の地肌付近で男性ホルモン(テストステロン)が強い作用をもたらすジヒドロテストステロンになり、この物質が発毛や毛髪の成長を抑えてしまうため、症状が進行するのが解っています。

進行性の脱毛である男性型脱毛症(AGA)が発症するかどうかには少なからず男性ホルモンが影響しています。

男性ホルモンであるテストステロンが体内で合成される5-α還元酵素という物質によりDHTというホルモンに変化することにより抜け毛が発生するからです。

問題の酵素がどのくらいあるかは、個人差というよりも遺伝的な差異があることが解っていて、薄毛というのは遺伝的な影響を強く受けていると今でははっきり断言することができます。

男性型脱毛症の治療は保険がきかず負担が大きいのですが、確定申告でなら医療費控除に計上できます。

医療費控除は医療費の年額が10万円を超えるときにできるもので、確定申告でその超過分を控除することができます。

所得税の還付が少なくても住民税は所得税の約3倍安くなるので、AGAの医療費控除効果は大きいのです。

10万円を超えるのはAGAの治療費だけでは無理でも、ひとつの世帯内での医療費の年額があわせて10万円を超えれば大丈夫です。

そのほか、薬局で買える消炎鎮痛剤やアレルギー薬なども医療費控除に含めることができます。

進行性の男性の脱毛症のことをAGA(Androgenetic Alopecia男性型脱毛症)と呼びます。

症状が出るのは早くて20代からですが、原理的に言えば思春期から始まる可能性もあり、ひたいの際に沿って段階的に髪の毛が薄くなっていきます。

それとともに頭頂部を中心に薄毛が広がるので、症状としては判りやすいです。

AGAの症状の引き金となるのは何なのか、これまでにも研究が重ねられてきましたが、いまだに分からない点が多いです。

けれどもテストステロンという男性ホルモンを重要因子とする考え方は間違いではなく、今後さらに研究が進んでいくでしょう。

診察を受けたいと思っても治療費が心配な人は多いでしょう。

保険が効かないAGAの治療費は行く病院によってまちまちです。

CM等でAGA専門を謳っている病院の場合は、AGA治療も行う内科や皮ふ科などよりはたしかに治療費はかかりますが、経験値と選択肢の多さでいうと専門医に勝るものはありません。

だいたいの相場ですが、外科的な治療なしで薬のみの場合、薄毛、及び、AGA治療を専門にしているところで2万円弱、町の医院などでは1万円くらいを見積もっておくと良いでしょう。

体内に残存している老廃物が増えると、ますます代謝が悪くなってきます。

それは体にもAGAにも良いはずがありません。

ときには毒出し(デトックス)という方法で鈍ってきた体に喝を入れると良いでしょう。

老廃物の排出を促す手頃な方法というと、とにかく汗を流すことです。

自転車や有酸素運動も良いですし、岩盤浴、サウナ、半身浴など方法は様々です。

汗をかいた分を補充できるように、飲みやすい水分を手近に用意しておきましょう。