大豆に含まれている成分は薄毛を促進する男性ホルモンの働きを抑える作用がある

毛髪は身体の栄養を使って成長していくので、毎日の食事がとても大切になります。

薄毛や抜け毛が気になる人におススメの食材は、たんぱく質が豊富に含まれている食べ物です。

このたんぱく質が、髪の毛を作っています。

たんぱく質が豊富なことで知られるのは、卵や大豆、乳製品などがあります。

これらの中でも、大豆に含まれている成分は、薄毛を促進する男性ホルモンの働きを抑える作用があるので、薄毛や抜け毛対策に効果を発揮してくれるでしょう。

質の高い睡眠をとるようにする事は髪の健康と密接な関わりがあり、例えば育毛剤などの効果が出やすくなるといったメリットがあります。

というのも、睡眠中、体の中では成長ホルモンという物質が分泌されており、毛髪や身体の組織を修復するのです。

22時から2時の4時間は成長ホルモンの分泌が多くなるため、この時間に眠る事が質の高い睡眠をもたらし、育毛に繋がる事になるでしょう。

最近では、育毛剤以外にも自宅でもできる育毛治療が人気です。

例えば、病院のものほど高出力ではないのですが、自宅でできる育毛ケアとしてレーザー育毛器具が売れているようです。

中でもおススメなのはアメリカのFDA認可の育毛効果が実証されている製品です。

FDA認定というと分かりにくいですが、日本で例えると厚生労働省が認可した製品と言えば分かりやすいかもしれません。

FDA認可の育毛レーザーは副作用のリスクが低く育毛効果もあるとアメリカ政府が実証したものだと言えるでしょう。

度々、特定の食品の発毛や育毛効果について話題になることがありますが、科学的根拠がない説もいくつかあるため、安易に信じ込むのは危険です。

代表的なもので言えば、ワカメの育毛効果でしょう。

昔からワカメは髪に良いと言われていましたが、実際のところ、ワカメにそのような効果はありません。

成分表をみれば分かりますが、ワカメなどの海藻に多く含まれているミネラルはヨウ素です。

甲状腺機能を働かせるヨウ素は、血液の循環を促進させますから、間違っても身体に悪いものではありません。

けれど、ワカメそれ自体が発毛や育毛に関わる食品ということではないのです。

育毛に関心がある人はリーブ21の名前を聞いたことがあると思います。

近年、このクリニックがウーロン茶の成分に育毛効果を見込めるという研究の成果を公表しています。

具体的には、男性ホルモンが薄毛の原因であるDHTに変わるのに必要な酵素の働きを、ウーロン茶の成分が抑制する効果が確認され、男性型脱毛症(AGA)タイプの薄毛改善に効果が見込めるとのことです。

でも、単純にウーロン茶を飲めば髪が生えてくる訳ではないので、注意してください。

筋トレをし過ぎると、薄毛が進行すると聞いたことがありませんか?筋トレは男性ホルモンを活性化させるという事がこの話の根拠になりますが、実際のところ筋トレをした全ての人が薄毛になる、なんて事はありません。

しかし、男性型脱毛症、別名AGAの人が筋トレをするとその症状が悪化するかもしれません。

AGAは男性ホルモンを脱毛ホルモンに変えてしまう物質が活性化している病気なので、男性ホルモンの増加が薄毛に直結してしまうのです。

市販薬でも処方箋でも、薬の使用欄で副作用が全くないという薬はありません。

これは育毛剤についても同様で、副作用がない育毛剤はありません。

専門のクリニックで処方されたものは担当医の説明を受け、指示通りに使用すれば良いでしょう。

ただ、外国で売られている育毛剤を個人輸入する場合、その育毛剤がどのような副作用が出るのかを確認した上で服用することが望ましいです。

みなさんもご存知の通り、育毛効果が期待される成分には多くの種類があります。

具体例を挙げると、毛髪を成長させる毛母細胞に効く白薬子エキス、血行不良を改善し髪の毛に栄養が届くようにするニンジンエキス、あるいは殺菌効果があり頭皮の環境改善に期待できるヒノキチオールといった成分があります。

もし医薬品や医薬部外品の育毛治療薬を使うのなら、製薬会社はその中に含まれる成分を全て記載する義務があるので、あらかじめ確認しておくことが可能です。

しかし、化粧品として売られている育毛ケアのグッズは全ての成分を公開する義務がありません。

医師からの処方箋がなければ出してもらえない育毛剤でも、外国製のものを輸入すれば簡単に使うことができます。

とはいえ、簡単に手に入らないということは、一般に市販されている育毛剤よりも強力な成分が配合されていることになります。

もし体に合えば、効果を実感しやすくなるでしょう。

けれども、その分、副作用が強く現れる危険性があります。

また、外国語のサイトや商品説明を理解する必要があるため、詐欺の被害も後を絶ちません。

これらのリスクを理解した上で利用するようにしましょう。

たんぱく質、亜鉛、ビタミンB群、このどれもが、育毛治療に最も適した栄養素だと言えるでしょう。

例えば、たんぱく質はアミノ酸の結合体であり、このアミノ酸が髪の毛の大部分を占めるケラチンの素になります。

そして、アミノ酸からケラチンを合成するために亜鉛を十分摂取する必要があります。

ビタミンB群は、髪の毛を発毛し成長させる毛母細胞を活性化するために必要な栄養素です。

食品の例を挙げると、たんぱく質は大豆製品に、亜鉛が豊富なのは牡蠣、ビタミンB群ならば、緑黄色野菜やレバーが代表的です。