毛髪の主成分であるケラチンの生成にも欠かせないアミノ酸

あまり控えすぎてもストレスになりますが、食べ過ぎや飲み過ぎは体調を損なう恐れがありますし、AGAの治療を行う上でも支障が出ます。

体内のアミノ酸はアルコールの代謝にも使われます。

一方で、毛髪の主成分であるケラチンの生成にも欠かせません。

アミノ酸は体内で合成されますが、その能力には限りがあるので、アルコールを処理していく段階でいつもより多く消費されている状態をたびたび繰り返していると、そのほかの部分、つまり髪への栄養分が行き届かないという事態になり、男性ホルモン同様、髪の成長を阻害する要因となるのです。

検査でしたらAGA専門のクリニックでも普通の皮膚科でも実施しているので、都合にあわせて選ぶと良いでしょう。

市販のAGA検査ツールを使えばわざわざ病院に行かなくても検査ができてしまいますが、あくまでも簡易チェックなので詳しいことはわからないので割り切りが必要です。

将来のAGA発症予測や抗男性ホルモン薬の有効性についてはわかりますが、いまの抜け毛がただの季節的な抜け毛なのか、AGAなのかという判断は、キットでは判りません。

適確な治療につながるような検査結果が欲しければAGA専門のクリニックや皮膚科で検査を受けた方が良いでしょう。

クリニックでの治療と同時に、効率良くAGAの症状を改善するための方法が幾つかあげられます。

ざっくり言うなら今までのライフスタイルを改善することにつきます。

育毛効果が高いとされる各種ミネラル、亜鉛、タンパク質等を食事から取るか、あるいはサプリを利用するのも良いでしょう。

それから新陳代謝を促すには血行改善が不可欠ですが、血管を収縮させるニコチンの摂取は極力控え(禁煙)、入浴時にスカルプマッサージを取り入れるのも効果的です。

何がきっかけとなってAGAを発症するのかは部分的な解明しかされていません。

よく血縁にハゲや薄毛の人がいると「うちはそういう家系だから」などと言うように、生物学的な遺伝も重要な要素であるという見方が一般的です。

つまりAGAの抜け毛、薄毛を発症させるとされているジヒドロテストステロンという物質への反応が遺伝的に違ってくることが分かったからです。

頭髪が新しく生えて成長してから自然に抜けるまでのフェイズをひとまとめにして一般的にヘアサイクルと呼びます。

健康でAGA未発症の人だと、成長期はもっとも長く2年から数年に及び、成長期の終わりには伸びが弱まる退行期が2週間ほど続き、成長が止まり(休止期)、最終的に抜け落ちます。

けれどもAGAの症状が出ている状態では毛周期に異常が生じて、主に成長期の髪の短命化が進み、何年も維持されるべき毛髪が成熟を迎える前に抜けていき、薄毛の状態になります。

古くなった角質や皮脂が頭皮を覆っている状態では抜け毛が多くなりますし、残った毛根からの発毛も阻害されます。

頭皮の清潔を保持することは育毛の基礎ですし、もしAGA治療を行うのであればそれを補うように日常的に頭皮のクレンジングをして頭皮の状態を良くしていくことが症状改善への近道です。

市販品でもスカルプクレンジング、頭皮ケアを目的としたシャンプーがありますし、ときにはスペシャルケアとして、余分な脂を落とせるオイルクレンジングなどを試してみると良いでしょう。

ただ、皮脂を取り過ぎないように注意してください。

残念ながら保険がきかないAGA治療ですが、一年に一度、医療費控除を申請して税金の還付を増やすことができます。

一年間の医療費の総額が10万円を超える場合、確定申告することにより、その超過額に所得税と住民税の税率を乗じた額が実質戻ってくることになります。

基本的にAGAの治療費は医療費控除の対象だということを忘れないでください。

もしAGAの通院だけではとても10万円まで行かないという人でも、ひとつの世帯内での医療費の年額がトータルで10万円を超えていれば申告できます。

それに風邪薬や鎮痛剤など市販の薬も控除対象ですから、領収証は捨てないことです。

何らかの原因で老廃物の排出がうまくいかなくなると、新陳代謝の低下を招きます。

AGAの症状を悪化させる恐れのあることは、できれば避けたいものです。

ときには毒出し(デトックス)という方法で代謝機能の底上げが可能です。

体の外へ老廃物をどんどん出して行こうと思ったら、水分補給しつつ汗を流すのが効果的です。

有酸素運動なら20分以上、フットバス、サウナなどはストレス解消にも効果的です。

代謝を上げるために汗で出た分の水分補給は怠らないようにしましょう。

治療開始からAGAの状況が良くなり始めるまでの期間というと、人によって違いはありますが、大抵数ヶ月から1年、早ければ3ヶ月から半年弱は期間を要するのが普通です。

そこから始めて、AGAの状態が見るからに変わったと感じられるような仕上がりを求めるのであれば何年という年数がかかることもしばしばです。

発毛して毛が成長するスパンだけ考えても長い時間がかかるのが普通ですし、素人判断で中断したりせず、継続的に治療していきましょう。

頭皮は髪を支え育てる土台ですが、その地肌は比較的多くの皮脂腺があり、汚れやすい部分でもあります。

皮脂は汗や雑菌と混ざりやすく、すすぎ残りが多いとにおいやフケを招くだけでなく抜け毛の要因になります。

ですから地肌の清浄さを保つことは健やかな髪の成長には欠かせません。

適度な間隔で適度に洗うことが肝心ですが、現在使っているシャンプーの見直しも含め、日常生活の中で良い洗髪習慣を導入するというのはAGAの症状改善に役立ち、治療のサポートにもなるはずです。